引越し業者の見極め方

引越し業者の見極め方

TOPページ 引越し情報 > 引越し業者の見極め方

 

引越し業者の見極め方

引越しは新居に行くドキドキワクワク感と、荷造りなどの面倒くささがありますよね。少しでも得して楽して面倒くささから解放される為に、引越し業者さんからお話を聞いてきました。

clma008-s.jpg

まず引越しが決ったら、少しでも引越し費用を安くする為に大掃除をするつもりで荷物を減らしてください。家具を廃棄する時、無料で引き取ってくれる引越し業者さんもあります。

有料で引き取ってくれる所もありますが、市の方が安い場合が多いです。

尋ねてみてください。今ならオークションに出すのもいいですよね。それからいくつかの引越し業者さんに見積もり依頼をします。見積もりをしてもらう際の注意です。何件もの業者さんに同じ事を質問してください。それで相手の反応をみます。安さだけが良い引越しではないですから。金額ですが、高くても2トンロングトラックで2万五千円ほどが目安です。ただ、引越し時期によって異なります。1、2月は普通。3,4月は高い、5、6、7月は普通、8月は高い、9、10、11月は普通、12月後半は高いです。


なぜ高いかというと、繁忙期だからです。繁忙期は普段の2倍が当たり前、3倍の所もあります。繁忙期シーズンは早めに引越し業者に連絡をすることをお勧めします。なぜならば、忙しすぎてわざと高い料金を言って、お客様に断られることを狙っているからです。

忙しくても、業者からは断れないでしょう?

高くてもいいと言われれば、もうけもので受けてくれますが・・・。それからダンボールは基本はお客様が買いますが、サービスしてくれるところもあります。その辺りも確認しておくと良いでしょう。大体見積もりに来る人は営業の方が多いので、現場を知らずに調子のいいことを言う人もいます。

色々と問い合わせして、きちんとお話してくれる人が良い業者だと言えます。遠慮せずに尋ねましょう。向こうはプロなのですから。こちらは素人、くだらないことでも気になるのなら尋ねることが大事なのです。安いし、見積もりの方もしっかりしてるから、ここに決めた。と・・・ちょっと待ってください。電化製品や家具は家で全て梱包してくれるか尋ねましたか?

トラックの中で梱包すると言っても、毛布をかけるだけかもしれませんよ?トラックまで運ぶ時に傷がついたら?きちんと家で梱包してくれる所が良い引越し業者さんです。どこがいい引っ越し業者かとは一概には言えません。貴方の目で、耳で確かめて業者選びをしてください。

引越し体験談

私は10年間に数回もの引越しを経験しています。

初めての引越しでは引越し業者の選定は、かなり即決してしまい、その後悔は2回目の引越しで初めて知ることになりました。

《失敗談!引越し業者選び》

初めての引越しでは引越し業者の見積もりは3社を予定していました。
3社ともテレビコマーシャルで有名な某大手引越し業者でした。
引越しの見積もりは、必ず数社から見積もりをとり交渉をしながら検討するのが鉄則ですが、引越し初心者の私はすでに初めから大失敗。

え?!家に来て交渉するの?!共働きだったので、大事な休日に3社が来ることは結構ストレスだったりしました。同じ日に3社が来てくれるなら1度ですみますが、休日は引越し業者の方も忙しいので何日かに分かれて来る事になります。でも家の規模とか荷物の量とか見てもらわないと分からないし、当然だよな・・・

そんな想いで迎えた1社目。引越し見積もり担当者にいきなり「今日、この場で決めていただければ更にお安くしますよ」
細かい保障とか段取りとかも一通り説明を聞きましたが、特に問題なさそうだし「この場で決めたら」というフレーズに押され、即決してしまったわけです。

結局あとの2つはお断りし、1社目と契約したわけですが、引越しの直前までダンボールは配られないし、当日は時間に遅れてくる。新居に荷物を運ぶ段階では、一人の作業員が新居に足を踏み入れた瞬間「トイレ貸してくれますかぁ?お腹痛くなっちゃってぇ」
おいおい入居者が入る前にトイレを使うなんて・・・しかも・・・
最後の駄目押しで電気を割られ、今思えば散々な目に会いました。
ただ人柄も明るく割れた電気の保証も早急に対応してくれたので、安いしそんなものかと、その時は気づかなかったわけです。

《これをしとけばよかった!!(T-T)》

● ゴミの収集日をきちんと確認していなかったので、ゴミの日に間に合わず引越し先にゴミを持ち込むことになってしまった。
● ダンボールにボカスカ入れ、箱にマジックで書くのを詳細まで書かずに積上げていったところ、下のほうの荷物を急遽取り出す時に、結局上から見直さなければならなかった。

《これをしといてよかった!!(^^)》

●引越コンシェルジュというホームページで、電気・ガス・水道・NHKやクレジットカードなどの住所変更がいっぺんにすませられたこと。

● 最初に開けてすぐ使うものは、1つのダンボールにまとめ、「すぐ開けるもの」と明記したので、引越し後慌てずにすんだ。
● カーテンなどのオーダーを、引越し前にしておいたので、入居前に用意することができた。
● 入居1週間前に、持ち込みの照明や新しくかった照明をつけておいたので、当日暗くなってからでも慌てずにすんだ。


これらが私の引越し体験談です。引越しを考えている方の少しでも参考になればと思います。
ぜひこれらの情報を活かして快適な引越しをしてください!

ページトップへ↑